森山タカヒロBAND新譜「アンチテーゼに愛を込めて」

アンチテーゼに愛を込めてジャケット
produced by 森山タカヒロBAND
recorded by 吉田紘希(now&then records)・鈴木聡司
mixed by 吉田紘希(now&then records)
artwork designed by フクザワ

森山タカヒロBANDが発表した「アンチテーゼに愛を込めて」は前作から約10ヶ月ぶりとなる新音源。
今回のレコーディング、ミックスは吉田紘希(now&then records)、鈴木聡司を迎え制作。
ジャケットデザインにはroot13.、クリープハイプ 、Suck a stew dry等のジャケット、グッズを手掛けるフクザワ氏が制作。

会場配布限定一曲入りシングルという今回の音源はこれからに続く森山タカヒロBANDの新たなる側面を垣間見せる作品になっています。
 

■ 森山タカヒロBAND「アンチテーゼに愛を込めて」レコーディング潜入インタビュー

森山タカヒロBAND「アンチテーゼに愛をこめて」【前編】

森山タカヒロBAND「アンチテーゼに愛をこめて」【後編】

 

■ 森山タカヒロBAND「アンチテーゼに愛を込めて~くばる。ツアー」

11月24日(sat.)at福岡大濠peace 自主企画event【ことばのゆくえ】
11月28日(wed.)at大阪福島2nd line【Makes Mind Naked! vol.5】
11月30日(fri.)at.東京渋谷Lush【Beat Happening! ~Across the Universe~】

 

■ 試聴

 

森山タカヒロBAND

森山タカヒロBAND

キャッチーでいてロックなロールを誇張しすぎず潜ませずに美しさと泥臭さを共有させた楽曲達は、刺激的で新鮮に、時にはどこか懐かしさも感じさせる。

バンドの軸として歌があり、ロック、サイケデリック、ポスト・パンク等の要素をさり気無くも交えつつ、飛び込んで来るようなメロディーには図られたあざとさというよりは初期衝動、倦怠感や焦燥感を抱いていたあのころをそのまま体現させた様なバンドサウンドとライブパフォーマンスで、バンド名からくるイメージも良くも悪くも覆している、それも森山タカヒロBANDだからこそ出来る圧倒的に根拠の無い揺るぎない説得力からくるものである。

member
Vo. Gt. 森山タカヒロ
Gt. 岩本タクミ
Ba. 川越タクマ
Dr. 吉田トーマ

→アーティスト紹介ページ
→森山タカヒロBANDオフィシャルウェブサイト